矯正歯科で治療を受けよう【きれいな歯並びをゲット】

ロゴ

インビザラインの特徴

インビザラインはマウスピース型の歯科矯正器具ですが、透明で目立ちにくく取り外しが容易にできるのが特徴になります。装着しても他人に気づかれることが少なく、人前に出ることが多い職業の方にも適しています。また、取り外しが簡単ですので矯正前と変わらず食事を楽しめます。

矯正歯科と美容歯科の違いを比較

自分の歯を活かすかどうか

矯正歯科では自分のもともとの歯を活かして、歯並びを整えたりする治療がメインとなります。美容歯科はより審美面を重視して、必要に応じて元の歯を削る・抜く、セラミッククラウンをかぶせるなどして見た目を整えていきます。

治療にかかる時間

美容歯科では必要に応じて歯を削ったり、被せ物をしたりするなどの治療を行いますので短期間での治療が可能になります。一方で矯正歯科では、数か月の矯正器具をつけ、時間をかけて歯並びを整えるため治療期間も長くなります。

矯正治療にかかる必要な費用額

矯正治療は健康保険が適用されませんので、ほとんどが自費診療になります。一般的なワイヤー治療でも表側につけるか裏側に付けるか、インビザラインのような方法を選択するかで値段が変わってきます。また、大人か子供が治療を受けるのか、矯正歯科によっても治療費が変わりますが、50万から100万円かかるのが一般的です。

最も多い歯科へ通う理由ランキング

治療
no.1

虫歯ができてしまったから

食事中に歯に違和感が出たり、痛みを感じたりした場合、虫歯ができている可能性が高いです。自覚症状が出ていると虫歯もかなり進行している可能性が高く、治療にも時間がかかるようになり、数回の通院が必要になってくるのです。最初に虫歯を削り、型を取り詰め物をするのが一般的な虫歯治療の流れです。

no.2

歯周病や知覚過敏

歯茎のトラブルで歯科医院を受診するケースも多くみられます。知覚過敏などは歯茎が炎症を起こすことで起こるトラブルですが、虫歯と勘違いして受診し知覚過敏と診断されることもあります。歯周病は歯茎の病気の中でも最も多い疾患であり、自覚症状が出てから受診すると、治療が困難で、治療にも時間がかかることがほとんどです。

no.3

定期検診で受診

最近は、予防歯科の重要性が注目されるようになっており、虫歯や歯茎のトラブルがみられなくても定期的に歯科医院を受診する傾向がみられるようになってきました。虫歯や歯茎の異常を早期発見することで、治療にかかる費用や負担を軽減できるだけでなく、歯は歯茎の健康を長く維持できるようになります。

歯と体の健康を守りたいなら矯正歯科に通おう

歯科医

歯並びは早めに治すことが大事

歯並びの悪さは見た目にも悪いだけでなく、顎の形などにも悪影響を与える要因となります。他にも、口内の健康状態や衛生状態を悪化させるだけでなく、集中力低下などさまざまなデメリットを生じさせる要因となります。そのため、できるだけ早く専門医において矯正治療を受けるのがおすすめです。矯正治療はワイヤーなどの器具を用いることが多く、大人になってから行うと、見た目も気になるでしょう。さらには、治療完了までにかかる費用も子供のほうが安く済むことがほとんどです。

マウスピース矯正ができる矯正歯科は日進市のこちらの歯医者さんが人気☆